前向きな転売論

>

悪用はビジネス違反

これやっちゃ駄目なの?

条例で禁止されていたり、販売元が転売を禁止しているものを転売していたりするものを転売する行為はもっての他ですが、禁止されていなくても、マイナスな転売はあります。

例えば、フリマアプリで購入したものをそのまま転売されていたとしたらどうでしょうか。価格が購入価格よりも高く設定されていたとしたらどうでしょうか。

買ったのだから自由だという人もいるかもしれませんが、元の出品者が大切に使っていたもので本当に必要な人に使って欲しいと思っていても、売る目的の為に購入されたと知ったらあまりいい気はしません。

とはいえ、これはビジネスチャンスなので、逃す手はありません。アプリやサイトで禁止事項になっていない限りは行ってもよい行為なのです。

ビジネスチャンスをいかに活用するか

ビジネス成功の秘訣は、他人に対する心遣いにあります。元の出品者の気持ちを逆撫でしないために取るべき対処法があります。

それは、購入してすぐに転売しないことです。または、すぐに転売する場合は、同じサイトを利用しないことです。また商品紹介やアピールポイントの文言を必ず変えることです。

購入したサイトで、間をおかず、また商品のアピールポイントも同じで値段だけ少し高いというのであれば、それは悪質です。違法ではありませんが、評価は確実に下がります。コメント等に書き込まれたらその後の商売がやりにくくなります。

ビジネスで成功するためには、どの方面においてもアフターケアはしっかりとし、余計な波風をたてないことです。